健康管理というのは、人間にとって不思議かもしれません。

生物の時間で習いましたよね。
人間は恒温動物だと・・・。

恒温動物って、周囲の温度変化に対応できるはず。
鳥は確かに冬場でも普通に飛んでますしね。

でも、人間はコタツやストーブなど暖をとらないと過ごしていけません。
ですから、健康管理は必然的に行う必要があるのです。

健康管理は、健全な精神を保ち、睡眠・食事・運動のバランスをきちんと取ることです。
疾病を予防し,健康を保持増進するという目的をもって行われます。

健康管理は、一つのものではないのです。
健康管理は、睡眠・食事・運動の三位一体の効果によって初めて成されるものなのです。
最低でも、この3つは気をつけておきたいですね。

ただし、健康管理の目的に「健康を保持増進する」という目的があります。
喫煙や過度のアルコール飲酒やストレスなどは、この目的に反します。
ですので、これらの予防対策も健康管理の一つなのです。

健康管理は一過性のものでもありません。
保持増進するという目的にあるように、一日で終わるのではなく続けていくことが大切です。

手短にできることからはじめてみるといいですよ。